肉が中心の国産キャットフードが人気です。

近頃のキャットフードは、国産が人気になってるみたいですね。やはり人気の理由は、国産のキャットフードは猫にとって必要な栄養の配合をしっかりと考えられているからと

いうことのようです。

外国産には穀物が多く使われている物もあるということで、避けているひともいるみたいですよね。

でもどうして穀物が多く入っているとダメなのかですよね。よく見かけるタイプで、固いフードには穀物が使われているのだそうです。猫ってそもそも肉食の動物ですから、食べ物は肉が中っていうことになります。だから、穀物が多いのはよくないということなります。

そんな事情で、飼い主も穀物が入っていないタイプのキャットフードを食べさせていと思っているんですね。だからそのニーズに応えるように国産キャットフード作られるようになったということです。

よく考えたら、確かに猫って肉食ですよね。昔ならネズミを捕まえてもらうために飼っていたお家も多かったですからね。時には飼っていた、インコとか文鳥を猫に捕られてしまったなんていう話も聞きましたからね~。

猫は魚が好きっていうイメージもありますけど、本当は肉の方が好みなんでしょうね。

現代の猫というか、猫に限らず犬などもだいぶ長寿になってきていますよね。その動物に合ったフードが開発されてきていることも影響が大きいのだろうと思います。

せっかく、かわいいペットを飼い家族の一員のようにかわいがるのであれば、その体に合った食べ物を与えていきたいです。キャットフードも品質の良い物を食べさせたいですよね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。