キャットフード 年齢による使い分け

愛猫のごはん、キャットフードはどんなの食べさせていますか?近頃のキャットフードの人気は年齢ごとに分かれているようなシリーズが人気のようですね。

以前ならご飯にかつお節をかけた、いわゆる「ねこまんま」だったんでしょうけどね。
そんな事を思ったら、食べさせるネコのキャットフードはそんなに気にしなくてもいいのかなって思ってたんですけどね、そうでもなさそうですね。

年齢別のキャットフードの使い分けをする意味はどこにあるのか気になりますよね。
自分たち人間の事を考えてみると、離乳食、幼児食、介護食など年齢によって食事の内容が違いますよね。それから一口あたりの量とか、味付けが濃いとか薄いとか、発達の程度によって合わせてた工夫がありますよね。

例えば、育ち盛りの高校生は大サイズのお弁当の他にもパンを食べたりとかもしていますよね。年寄りなら、脂っこい食事は避けたり、食事の量も減ったりします。

そんな事を思えば、ネコだって必要な栄養素は年齢によって違って当然ということですね。最近ではキャットフードは年齢別になっているものが多くなっているんでしょうね。ともかく、昔とは違いペットも手厚く大事にされる時代です。

そのネコに合ったキャットフードやケアの仕方などを飼い主が考えているから、近頃は20年とか長生きするネコもいるんでしょうね。体調の悪いネコちゃんとか、病気を予防を考えているなら、やっぱり年齢に合ったキャットフードに変えてみましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。