ひよ子 お菓子

何度か頂いたことがあるお菓子ですけど、その度に思うんですよね「こんなかわいいの食べられなーい」!!でも食べちゃうんですけどね(^▽^;)

一瞬、食べるのをためらってしまうのが、銘菓の「ひよ子」ですよね。
ひよ子はお土産でみかけることが多いと思いますけど、とっても歴史あるお菓子で誕生は大正時代までさかのぼることになります。

その「ひよ子」は、福岡県の筑豊飯塚で誕生したんですね。飯塚は昔からお菓子づくりが盛んに行われてきましたところなのだそうです。

二代目店主の石坂茂さんは、大人にも子供にも愛されるお菓子を作りたいと意気込んでいたのだそうです。そんな時に夢の中で「ひよ子の饅頭」が夢に現れたのだそうで、それを試行錯誤の末に愛らしい形をした「ひよ子」が生まれたんだそうですよ。

当時は飯塚は炭鉱で有名な地で、そこで働いているたくさんの人々はエネルギー補給に甘いものを好んで食べたのだそうです。そんなこともあって「ひよ子」も大活躍し、東京や大阪への手土産にも大好評でたくさんの人たちに愛されて、人気も不動のものになっていますよね。

愛らしい姿や上品さと作る人達の熱意がいっぱいのお菓子は、昭和32年に福岡に進出していきます。その後も東京オリンピックに合わせて昭和39年には東京に拠点を持つことができたんだそうです。

今では、ひよ子シリーズとして縁起物の紅白ひよ子、博多ひよ子サブレー、ひよ子の焼きトリュフ「ひよこれいと」など名前をもじった可愛らしい商品がたくさんあります。店舗やオンラインショップで購入できますよ。

今年は創業120周年の記念としてひよ子ちっこいタルトも発売!

記念商品として復刻版で登場したんですよね。味はチョコとチーズの2種類あって、これもまたかわいくって美味しいスイーツなんですよね。

「ひよ子」っていろんなドラマがあって、いろんな種類があったんですね
いろいろと食べてみたくなっちゃいますよね⇒>>「ひよ子」 いろいろ<<

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。