髪のパサつき ヘアカラー

ヘアカラーをしたあと、髪のパサつきがひどくなったなんて感じることはないですか?
手触り感がぜんぜん違ってしまったって感じたひとは割といると思います。
どうしてそうなるのかですけどね。それにはこんな理由があったんですね。ヘアカラーで髪を染める場合は脱色剤や染料剤を髪の内部に入れないと染まらないので、薬剤を髪の中へ入れやすいようにキューティクルを薬剤を使って無理やり開くのだそうです。

つまりヘアカラーをするというのは、キューティクルを開きながら脱色剤とか染料剤を入れていくことになります。特にカラーの明るいのを使う場合は、脱色をしっかりしないとダメということですね。黒い髪色には色は付けられないからなんですね。そのために髪の中はアルカリ性が強くなって傷んでしまうということです。

ですから、明るいカラーのタイプは髪のためなら避けておきたいところです。とは言っても明るいカラーもすてきですからね。そんな場合は出来るだけ弱アルカリ性のヘアカラーにしておいた方がいいですね。

そして、髪のパサつきを感じたら早めのトリートメントが大事ということですね。
どうして早めかというと、一度傷んでしまった髪は元には完全に戻らないので、早くケアして傷みを抑えるようする事が大事だからですね。

トリートメントをきちんとすれば、今以上は傷みが進まなくなるからです。そうすれば、ツヤもでてくるし、指の通りもよくなってサラサラになってきますよ。

パサつきを感じたら、トリートメントがベストですね。特にヘアカラーを使う人にとっては定期的なトリートメントは必要なことだったということです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。