ソーシャルアパートメントとは

ソーシャルアパートメントっていうのは、従来型の部屋の他にもラウンジなど充実した共用部がついているタイプですね。
簡単に言えば、住んでいる人たちどうしの交流が楽しめるっていう、新しタイプのアパート・マンションです。
シェアハウスみたいな感じですけど、違いがあります。

シェアハウスと違い、ソーシャルアパートメントの良い点

【シェアハウス】
・一つの空間を複数人で共有してコストを抑えようという発想から生まれたもの。
・一般的にコスト重視で展開されている。
・初期費用も必要なく、誰でも手軽に住めるというイメージがある。
・誰でも住めるということは、様々な価値観、様々な生活習慣の人が住むということになる。
・トラブルとしては、騒音の問題や清掃の問題など、時には盗難の問題などが予想できる。
シェアハウス は誰でも気軽に入居できるという点で多様性や利便性は評価できるけど、その分人間関係でのトラブルが生まれやすいという構造があるということです。
【ソーシャルアパートメント】
・入居までに独自の入居審査を行うことで、人間関係での問題を最小限にするよう努められている。
・問い合わせ時、内覧時、契約時と3つの接点でそれぞれ審査が行われる。
・結果的にソーシャルアパートメントのコンセプトに共感した人が入居するしくみになっている。
ソーシャルアパートメント のいいところは、貸主借主と良好な関係性が築け、入居してからのトラブル軽減に繋がるような仕組みになっているとうことですね。

ソーシャルアパートメントに住んで英語でコミュニケーション

シェアハウスやソーシャルアパートメントに興味がある人の中には、「英語を話せるようになりたい」「外国人と関わる機会を増やしたい」「日常的に英語を使いたい」という思いを思っている人たちもいると思います。
そんな方はには外国人比率が高い交流型賃貸マンションがいかもしれませんね。東京では外国人比率の高い物件もあって、日常会話の中で英会話が飛び交うというシーンもみられますからね。
でも必ずしも英語でコミュニケーションが取れるというわけではないです。どうしてかというと、彼らは英語を教えたいわけではないかもしれませんし、もしかすると日本語を覚えたいから日本語で話したいかもしれませんしね。
ソーシャルアパートメントの醍醐味 は、プライバシーを守りながら入居者同士が集うラグジュアリー空間でコミュニケーションを楽しむことにあります。
ですから、外国人が住んでいるのはきっかけであり、どのようにコミュニケーションを取るのかは入居された人次第です。
しかしながら、ソーシャルアパートメントがきっかけで英会話が上達したなんていう事になったらとってもステキだなって思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。