女性の一人暮らし 防犯

女性の一人暮らしは、やっぱり防犯対策は重要ですよね。
そこで、防犯上用意したい物と使い方をチェックしてみましたよ。
1.補助錠の活用
a)玄関用補助錠を玄関ドアに取付けましょう。
1ドア2ロックにした方が安全性が高くなります。
賃貸などでドアに穴を開けられい、穴を開けたくない場合にも取り付けられて、外から見ても設置していることがわからない補助錠もあります。
b)窓にも補助錠を取付けましょう。窓用なら100円ショップでも売ってますよ。
2.カーテンは、遮光や厚地のものにして、部屋の中が見えないようにしてプライバシーを守りましょう。
外側から見える部分は、男性の部屋のようなカーテン(青系や無彩色など)をすることをおすすめします。
暗くなってきて電気をつけるのと同時に厚いカーテンも必ず閉めるようにしましょう。
3.洗濯物を干すときに男物下着を外から見えるように干す。
女性の一人暮らしを察知されないようすることが大事です。自分の下着は、室内やシーツの影に干すなど、外から見えないように工夫しましょう。
4.防犯ブザーと催涙スプレーは持ち歩きましょう。
防犯ブザーは、100円ショップでも売ってます。常に防犯ブザーを携帯し、バッグの外など見える位置に取り付けておきましょう。
催涙スプレーは100円ショップの500円コーナーでも売っているみたいです。
東京のような都会での女性の一人暮らしは防犯には気をつけましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。