引越し挨拶 女性の一人暮らし 新常識

一人暮らしの引っ越しの後にそれにまつわる悩みもありますよね。
まずは、引っ越しの挨拶でしょう。一般的には向こう三軒両隣といますよね。マンションとかの場合は自分の部屋の両隣と上下階といいますよね。

ちょっとした手土産みたいなのとか持参で挨拶にいくと、お互い知り合いになれて安心感とかができて、無用なトラブルを防ぐことが出来たりします。それで、地域のルールとかも教えてもらえたりで、生活しやすくなるというような良い面も多かったと思います。

しかし、最近は事情が違ってきているようです。
それは、一人暮らしの人は防犯という観点で挨拶をあえてしないっていう事が増えてきているようです。

どういうことかといいますと、特に女性の場合は引っ越しの挨拶をしたときに、一人で住んでいるっていうことが周りに知られてしまってトラブルに巻き込まれるようなリスクが増えるということがあるようですよ。それと、住んでいる方側もわざわざ来なくてもいいのにって思う人も少なくないみたいです。場合によっては、居留守を使われ場合もあるようです。

挨拶はマナーでもありますけど、よれによってトラブルに巻き込まれては本末転倒ですよね。
ですから、一人暮らしの場合は必ずしも引っ越しの挨拶をしないことがマナーに反するということではないようです。

現在は、引っ越しの挨拶をするかしないかは、引越し先の雰囲気や、入居者の様子などから判断するのがいいかもしれませんね。もし、どうしていいのかわからない場合は部屋を紹介してくれた不動産会社に聞いてにるのもいい方法だと思います。

それでもどうしたらいいのか迷った時は、女性の一人暮らしなら挨拶はしなくてもいいと思いますよ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。