女性の一人暮らし 賃貸物件の選び方

女性が一人暮らしをする際の賃貸物件の選び方で気を付けておきたいことをまとめてみました。

1.とにかく一番は、セキュリティ面ですね。東京に住むならカメラ付きインターホンやオートロックは必要ででしょう。
敷地内に大家さんが住んでいる物件はさらにいいです。困ったことがあったときに相談しやすいです。

2.駅から徒歩10分以内が望ましいでしょう。
住むところはどんな環境か知っておくためにも、実際に歩いて駅と自宅の周辺の様子やどんなお店があるのかもチェックしておいた方がいいです。

3.お風呂はユニットバスよりも、バスとトイレが別のセパレート型のほうが快適だと思います。
洗面台が独立していたり、脱衣所付きだったらもう言うことなしですね。

4.洗濯機の設置場所は室内にある方がいいです。
古い物件は、設置場所がベランダにあることも多いのです。寒い季節でも室内にあれば洗濯も快適ですよね。

5.女性の一人暮らしが察知される理由の1つが洗濯物です。下着だけでも、室内に干すようにしたほうがいいです。

6.都市ガスの物件がおすすめです。プロパンガスと都市ガスとでは、毎月の料金が約2倍も違ってくるそうです。
キッチンがIHでも、お風呂などお湯を湧かすときにはガスが使われている物件もあるので注意です。

7.料理好きなら、キッチンが広めのものを探せば、自炊生活もより楽しくなっちゃいますね。

以上、こんなことも物件探しの参考の一つにしてみるといいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。