フクロウ

近年人気の「フクロウ」。
ペットとして飼育する人も増えてきて、ペットショップに行くと店頭で見かけるようになりました。
フクロウを飼育することは決して簡単とは行きませんが、初心者でもフクロウを飼うことはできます。
環境さえ整えてあげれば、誰でも飼育することができるため、フクロウが好きな人は参考にしてみてください。

フクロウをペットとして飼育するのに大変なことは、「餌の準備」と「環境整備」です。
フクロウの餌は「生肉」です。
新鮮な生肉を食べるため、ヒヨコやラット、うずらなどの肉を一口大に切り与えなければいけません。
ラットをさばかなければいけないので、これが簡単にできない人はフクロウの飼育は難しいと思います。

フクロウは環境が整っていないとストレスを抱えてしまい病気になってしまいます。
最適な環境整備は、まず100cm以上の大きなケージを用意することです。
小さいケージに入れるとストレスを感じます。
止まり木、湿度、気温などフクロウの生まれ育った場所の環境にできる限り近くしてあげるといいと思います。

鋭いくちばしや爪のお手入れも欠かせません。
爪切り、ヤスリなどを使ってお手入れしてあげてください。
今まで鳥類を飼ったことがない人は、プロに頼むといいと思います。

フクロウの寿命は、10年くらいのものから、大きいサイズのものだと20年くらいまでいます。
フクロウの価格は、20万円~30万円くらいです。
餌代として月々、5,000円~10,000円くらいかかります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。