一人暮らしにおすすめのペット

一人暮らしをしていると、何かと癒やしてくれるとか仕事で帰った時に迎えてくれるペットが欲しいって思うこともありますよね。
そこで、一人暮らしの人でも簡単に飼えるペットをピックアップしてみました。
ペット選びの参考にしてみてくださいね。

【猫】
ペットを飼育したいときに、一人暮らしの場合一番ネックになるのが、日中はたいてい留守だってことでよね。

ネコは、1日の8割くらいを寝てすごしてるんです。だから長時間放っていても大丈夫だっていうとこが魅力です。
帰宅したら、きちんとコミュニケーションをとればいいです。
猫なら餌もそれほど多くなくてもいいし、トイレも場世を覚えさせればキレイに済ませます。
留守の時は、餌と水をたっぷり置いておけばいいっていうのがやっぱり魅力ですよね。

【セキセイインコ】
比較的丈夫なので、簡単に飼育しやすい鳥ですよ。
場所をとらないし、散歩も必要ないってとこが魅力ですね。
のびのび動けるケージを用意すればOKです。ヒナから育てる場合は、デリケートなので室温と触りすぎなどに注意が必要です。

【ハムスター】
飼育が簡単な小動物。飼育スペースも少なくてすみ、値段も安いくって飼いやすいペットだとおもいますよ。
単独飼育がおすすめ。1つのケージに複数入れると、気が合わないでケンカすることがあるからです。

【リス】
ケージ内で飼育できるから簡単に育てやすいです。ただし動きが素早いので、できる限り広いケージを選びましょうね。
ケージ内に、ステージ、止まり木などをセットして自然に近い環境作りをしましょうね。
暑さ寒さに敏感なので温度管理が必要です。

【フェレット】
一人暮らしの女性に人気のペットなのです。比較的丈夫なため飼育しやすいです。
伝染病予防にワクチンは接種する必要があります。
暑さに弱いので、夏場は28度以上にしないように注意が必要です。

【ウサギ】
デリケートな動物で、暑さや寒さに弱いです。冬は24度~26度に保温してあげましょうね。
飼い始めは触りすぎたり、長時間遊ばせすぎたりするとストレスで体調を崩すこともあります。
過度なスキンシップには注意です。成長に合わせて少しずつならしていきましょうね。

【カメ】
最近は飼育する人も増えてます。比較的丈夫ですけど、幼体のころは気温が低すぎると食欲がなくなって、体調を崩すこともあります。
皮膚病予防のため紫外線を浴びさせるましょう。室内飼育なら、紫外線ライトで紫外線を適宜浴びさせるといいですね。
水が汚れてしまうと甲羅が腐ってくるので、こまめな水の管理が大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。