脇汗をかく原因って?

[汗じみ] ブログ村キーワード

脇汗って、考えてみればだれでもかくんですけどね
でもやっぱり、知られると恥ずかしいんですよね。せっかくのステキなシャツとかジャケットとか着ていてもね

脇にシミが付いちゃったら、やっぱり不潔感はありまよね~。
すし詰め状態のバスとか電車内で、脇が濡れてるのみちゃうと、近づいたら臭ってきそうでイヤだなぁ~とか思ったことありますよね。シャツが特にグレーの色だと特に目立ってしまいます。自分だったら、こんなに脇汗が目立ってしまったら、周りの目も気になってしかたなくなってしまいます。

そんな脇汗ですけど
汗には身体の温度を調節するという大切な役割があるんですよね。
特に脇は熱を放出するための大切なところで、基本的に汗自体にニオイはないんだそうです。
でも人よりもたくさんの汗をかいたり、異臭があったり黄色い汗染みがついてしまうワキガ体質の人も確かにいるようです。

ではどうしてそうなってしまうのか?、そもそも脇汗はなぜかくのかってっことですよね。
気温が上昇したり、運動をしたときにかく汗は「温熱性発汗」と言われます。
そして、辛いものなど刺激の強いものを食べたときにかく汗は「味覚性発汗」と呼ばれているんですよね。
この2つは、体温調整をする目的があります

そしてもう一つ、「精神性発汗」と呼ばれるのがあります。
これは「冷や汗をかく」「手に汗を握る」など、驚いた時、緊張した時、不安になった時にかく汗があるんですよね
つまり、汗って常日頃からかいているってことですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。