制汗剤の種類と効果

脇シューって言われてるやつですよね。これにはいろいろと種類があるんですよね。だから、まずは見本品を試してから購入するってことをした方がいいと思いますよ。

とりあえず、好きな香りで購入して、匂いでごまかすっていうのでは、制汗剤の意味ありませんよね。制汗剤の基本は、汗をかく前に塗って汗が出るのを抑えるってことですからね

【スプレータイプ】
ミョウバンなど、速乾性がある成分が使われているようです。でも吹き付けるだけでは十分に肌につきにくいから、効き目が弱って感じる人もいるようです。

【ロールオンタイプ】
最近このタイプが増えてるようですね。しっかり塗れるから、効き目が持続します。
ただ、このてのタイプは強力なことが多いんですけど、べたつきや乾きにくさを感じる人もいます。

【クリームタイプ、ジェルタイプ】
のびがよく、どんな場所の肌にも塗り込むことができます。成分が汗に反応し、臭いも抑えます。
塗る時に手につくので、洗う手間が必要です

【スティックタイプ】
これは直接塗るのでしっかり効きます。でも中には、乾きにくく、白くなるものもあるので注意が必要かも。
せっかく塗って、白く残ったのを誰かに見られたとかなったらちょっといやですよね。

【シートタイプ】
これは汗をかいた後に使うタイプですね。不快な汗を拭き取り、ひんやりした清涼感がいいですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。