シミはどうしてできるのか?

シミは一般的に原因が紫外線です。主にその紫外線が原因になってできるのが老人性色素斑 (ろうじんせいしきそはん)というシミです。そのシミは、細胞の中にある 核を守るためにできるのだそうです。

紫外線を肌が浴びると、表皮の一番下にある基底層のメラノサイトという物質が、メラニン色素を作り出します。これがいわゆる、褐色などの色がついたシミです。このシミがバリアのような働きをして、紫外線から 真皮をまるのだそうです。

とにかくシミが出来てしまったら諦めないで早く消すことが大事なんですね。
肌は日々生まれ変わっています。一番上の表面にある肌が、垢となって剥がれ落ちて下からくる新しい細胞に入れ替わっていくんですね。このサイクルが肌のターンオーバーと呼ばれ、年齢とともにサイクルが遅くなってくる傾向があるということです。

しかし再び活発にすることができれば、健康な肌を再生することができますよね。シミができてしまったら、とにかく放っておかないで、ビタミンCを積極的に摂って、できるだけ早くシミを消す努力をしましょうね。

でも、努力してるのにシミが消えないといことがあるんですよね。細胞がドンドンと入れ替わっているならもう消えてもいいのに、なぜか残っているんです。
そうなってしまったのは、メラノサイトがメラニン色素を常に作り出してしまうようになってしまったからなんだそうです。
紫外線を浴び続けいると、一部のメラノサイトが、暴走してしまってメラニン色素を作り出すことが日課になってしまったかならんです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。