入浴でする 女性の加齢臭対策

入浴も女性の加齢臭を抑える方法として大切な対策方法です。
ワキ、デリケートゾーン、耳の後ろ、顔、頭皮、背中、胸元などの加齢臭が発生

しやすい部分をしっかり洗ことが大事なんだそうですよ
時々加齢臭みたいな臭いを感じるとか、そんな年齢になってきているっていうなら石けんやシャンプーに加齢臭対策用のデオドラント系のものを使用するのもいいということですよ。

それと、毛穴の奥にある脂肪を溶かしてしまうためには、シャワーではなくってお風呂に浸かることが大事なんですよね
その時、お風呂に酢を少し入れてみるのオススメだということですよ。

殺菌力が高くなるのと、皮膚が弱酸性を保って臭が増殖するのを抑えてくれるということです

わきが臭がある場合は、加齢臭と混ざるとさらに臭いが強くなるので注意だそうです。
お風呂上がりとかでも、加齢臭対策用のミストなどを利用するのもいいですね

女性の場合だと、香水でごまかすという考え方もありますが、逆に加齢臭を強く感じさせることになる香りもあるんですよね香水を使う時は加齢臭と相性の良いものを選びましょうね。

もともとヨーロッパでは体臭を隠すために香水が使われていたのですから
香水を上手に利用するのはいい方法ですよね
シトラス系の香水を選ぶといいですよ

シトラス系とは柑橘系の香りのことで、レモン、オレンジ、グレープフルーツ、ユズなどの香りがベースになっているのが良いですね。

ただし注意することは
シトラス系の香りは2~3時間程度くらいしか持続しないので時々つけないとダメです

その他では、ラズベリーやラベンダーの香りも、加齢臭を緩和させてくれるようですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。