シミの仕組み 原因

近頃は、オトコでも顔のシミは3人に一人くらいの割合で悩んでいるそうですよ。
オトコでも3人に一人って意外と多い?ってことは自分もその一人かも...
やっぱり悩むんです、だってシミって肌が老化してるって感じがバッチリ出ちゃいますからね。

女性とオトコはやっぱりスキンケアしない事が多いから特にシミができやすいんでしょうね。
シミは紫外線が一番の原因ということですが、食生活の乱れとか睡眠不足も影響が大きいということですよ。

シミができる仕組み

シミを知るためには、どんなふうにしてシミができるのかっていうことも知っておく事が必要ですよね。どんなふうにして出来るのかを知れば、対策だってみえて来ます。

【シミとはどんなものか】
シミとは。一口で言ってしまうと「皮膚内で作られている「メラミン」という色素が沈着したも」ということです。

メラミンというのは、紫外線から体内を守る働きがあります。普通ですと、メラミン色素はターンオーバー(新陳代謝)によって、28日間で剥がれ落ちてしまうんだそうです。

ですが、そのターンオーバーがうまくいってないと、シミになってしまうんですね。ターンオーバーが正常に行われない原因は様々ですが、ともかく正常なサイクルになっていないと肌細胞の質が低下してしまいます。

そうなると、同時にシワとか乾燥やくすみのような肌のトラブルが起こりやすくなりますよね。

例えば、28日サイクルよりも短い周期で作られた肌細胞って弱いので、乾燥しやすくってダメージを受けやすいといことです。逆に28日以上かかり剥がれ落ちないでいると、表面は固くなって黒ずみができてしまうんですね。

中々お肌っていうのも複雑なんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。