髪のパサつきが目立つときは

やっぱり、髪のパサつきが目立ってきたなぁ~って思ったらケアは早めが大事です。髪のパサつきが酷くなってくると、つやも無くなってヘアスタイルを思ったように出来なくなってしまいます。

そうなってしまったらトリートメントでしか改善はできないようです。その傷んだ髪を毎日洗うときにトリートメントを使うことで、ボロボロのキューティクルを整えて正常な状態に近づけていってくれます。

「リンスとかコンディショナー」だけで済ましてしまっているなら考え直した方かいいと思いますよ。リンスやコンディショナーはサラサラツヤツヤのためのコーティング的な働きがあるだけで、パサつきのある髪を改善する効果は無いそうです。

ただ、トリートメントでも、コーティング的な作用が強いタイプもあるので、しっかりした補修効果の高いトリートメントを使うことが大事なんですね。

洗髪後はドライヤーを使って乾かす

パサつきの目立つ髪を洗った後のドライヤーはますます髪が乾燥してパサつきそうですよね。
でも違うんですね、すぐに乾かさないと傷んでいるキューティクルから水分が逃げてしまうのでドライヤーは必須なんですね。

ただし、使い方には注意ということです。乾かすときはドライヤーの熱を使って乾かすイメージではダメなんですね。ドライヤーの風で乾かすっていうイメージなのです。そのイメージであればドライヤーを近づけ過ぎることは無くなると思います。

それと、セットするときにアイロンを使って女性は多いかもしれませんよね。
でもアイロンの高熱なので髪の水分とか。キューティクルを更に傷めることになるので、髪が傷んでいるときはアイロンの使用は少なくということです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。